会社概要

ミエールネット

地域環境支援

地下水浄化

環境経営支援

環境法と条例

得々情報コーナー

お問合せ

トップページ
  遠隔監視、地下水浄化法、ISOの運用によって組織と地域を支援します
環境経営戦略支援
【環境経営のすすめ】
大量生産、大量消費、大量廃棄で利益をあげる戦略の時代は終わった。自然破壊と資源の枯渇に直面しつつある21世紀は、資源・エネルギー生産性の向上を目指すトリプルボトムラインの新たな戦略が必要となっている。無駄、ロスをなくし、より少ない資源とエネルギーから同一の生産物を可能にし、より大きなサービスを引き出すことが必要な戦略である。資源を繰り返し利用できる生産のサイクルは、持続的な利益を確実に確保できる。環境経営戦略は、21世紀型の経営戦略であり、利益を最大化する経営手法である。
無駄・ロス除却改善 技術開発戦略 ISO14001構築実績  

「リーン思考」に基づく作業工程、作業環境、原材料・エネルギー使用状況を検討して無駄・ロスを発見し、改善する提案と実施指導を行い成果をあげる支援をしています。

(1)
ISO14001のマネジメントシステムを活用し、環境側面に無駄、ロス除去の要素を特定する(良い環境側面から始まります)
(2)
良い環境側面を位置づけ、目的・目標をどのように設定するかが課題となります
(3)
目的・目標が設定できたら、それを実行できる仕組みとしてEMPを作成し、運用します
(4)
計画どおり実践されているかチェックをして、できていなければ仕組みの改善をして確実に実行できるようにします →(2)へ